北海道は地震で停電

台風21号が通り過ぎた5日夜の【新潟発-苫小牧行き】フェリーに乗る事ができました。やっと念願の北海道に着けると思って安心していると、隣人の『群馬のじゆうじん』さんと妻からメールが入ってました。

北海道全域で停電が発生してるらしい情報です。慌てて船内のテレビのニュースに釘付けです。

震源は厚真で、付近の山の崩壊と札幌に大きな被害が出て、近くにある道内の主力となっている火力発電所が緊急停止し、影響で道内全域で停電になったことを知りました。

乗ったフェリーは寄港便で、翌朝の6日に秋田に寄りましたが、そこからなのかは不明ですが、秋田市消防本部の文字が背中にある人達が20人程乗っていたようです。目的は知りませんが、タイムスケジュール的には地震の後に秋田港に寄ってます。

船は定刻より40分早い 6日の16:40に着きました。流石に夜間の走行は危険と思われるので、近くの道の駅に移動することにしました。

震源地に近いウトナイ湖の道の駅です。着いたときにはまだ明るくて、当然停電で並んだ自販機は無機能、男子トイレは個室が2つ開放されていました。停電のため洗面や小便器は水が出ないのですが、大便器の水は手動レバーなので使えます。

フェリー内では、ほとんど寝て過ごしたためか、眠気も無く夜中まで地元のラジオを聞いて道内状況の確認をしていました。ネット接続も微かな電波らしくエラーしているようで、思うようにニュースが見られませんでした。

ここに来る途中では、道路脇で大きなドラムで電線を引く工事が見られましたし、信号機は機能しているものと消えたままのものが半々程度との印象でした。

時々揺れる余震を感じながらラジオを聞いていました。夜中になると電波は弱いままでも利用者が減ったのか、繋がりが良くなったので、妻にメールして寝ました。

目が覚めた7日の朝は、電気が供給されたようで、自販機も復旧して販売中に戻ってました。トイレも通常の運用に復旧してました。

昨夜のニュースでも、少しずつ地域毎に停電が復旧しているのを聞いてましたが、ここにも電気が来て安心しました。夜通し復旧に携わった方々に感謝です。

電波の強度を示す4Gの三角表示がフルになったのを見て、今書込しています。

天気は下り坂の様で、朝7時前にバラパラと雨の音を感じました。

投稿者:

sunao-mita

早期年金生活を選択した自由人です。 アウトドアが好きで、北海道の広々とした自然が大好きです。 特に山が好きなわけではないけど、何故か人の少ない北海道の山登りには惹かれてしまいます。 そして、日常から離れてのテント生活がとても好きです。