グーグルマップのセキュリティアップ?

ぃやぁ〜参りました。

自分の写真を以前から公開していますが、その中で撮影地点の確認と移動の経路を軌跡として描画表示するために、グーグルマップを利用させて頂いてます。
公開前の編集時点では、手元のノートパソコンを利用して、以前はそのURI サーバー名を http://localhost/ として記述して、自分自身のノートパソコン内で起動しているウェブサーバーを指定していました。

その中でグーグルマップに表示させる情報も編集していて、データの作成と確認ができてから、問題ない状態になった時点で公開サーバーに転送していました。
最近になってだろうと思うのですが、localhost ではサーバー名が不適だとして、エラーになっているようで、マップ表示が出来なくなっていて、編集や確認が出来なくて困りました。

仕方なく公開しているサーバー名の URI を含ませた名前で、適当にデバッグ用のサーバー名を考えて、apache2 の定義を少し直して、最近では触ることの無かった /etc/hosts に、自分自身のループバック 127.0.0.1 として追加して、急遽対応しました。
取敢えず対処できたので、問題はなかったのですが、一時は状況がわからずに焦りました。
セキュリティ向上の一環なのでしょうか?

そして 1日2日経過した頃に、再び手直しでもしようかと思い操作すると、今度は擬似サーバー名でもグーグルマップが利用できなくなっているようでした。これは困ったことです。

仕方なく、公開サーバー名で自分自身のウェブサーバーにアクセスするように /etc/hosts を編集して確認すると、全く問題なくグーグルマップが表示されました。セキュリティでは色々な問題があるので強化は仕方がないことですが、どのように編集して公開するか悩みます。

それと、公開サーバーは他にも問題を抱えていて、スクリプトを自分で組んで公開していますが、自分で組んだとしても作ってから年月が経ち記憶が薄れ、肉体は老朽化が進み頭の回転は遅くなり、最近は HTML5 CSS3 とかも一般化してきたようで、利用している jQueryライブラリも時代に合わせ進化しているようで、見直してどうにか手を加えようと考えているのですが、思うように進められていないのが現状です。


以下は、後から追加 2017-09-16

今現在は、 http://localhost/ でのアクセスでも、グーグルマップが起動されて正常に利用できているようです。数日前のゴタゴタは何だったのでしょうか。

グーグルでの単なるミスだったのでしょうか、ミスはどこでも起きますから、私なんて時々ミスしてリカバリーに追われることがあります。グーグルマップの利用では、過去にも利用できなくて、それに吊られるように他の機能も利用できなくなって、仕方なくグーグルマップ機能を切り離すオプションを追加したこともありました。

その時には、数日待ってから確認すると、特に問題もなく利用できていましたので、今回もあり得ることだとは思っていたのですが、セキュリティのポリシーが変更になったのかと考えたのと、早めに公開写真の編集を終わらせたかったので仕方なく対応していました。