ファイルシステムの検査・修復 fsck

一般的な検査と修復に利用する fsck コマンドがありますが、その利用で badblocks の機能を伴って、不良セクタをリカバリする機能があることを知りました。

その機能の学習を兼ねて、不良ディスクとして保留していたハードディスクを使って実行してみました。

$ sudo fsck -vcck /dev/sdb2
fsck from util-linux 2.31.1
e2fsck 1.44.1 (24-Mar-2018)
Checking for bad blocks (non-destructive read-write test)
Testing with random pattern: done                                                 
system: Updating bad block inode.
Pass 1: Checking iノードs, blocks, and sizes
Pass 2: Checking ディレクトリ structure
Pass 3: Checking ディレクトリ connectivity
Pass 4: Checking reference counts
Pass 5: Checking グループ summary information

system: ***** ファイルシステムは変更されました *****

          11 inodes used (0.00%, out of 2621440)
           0 non-contiguous files (0.0%)
           0 non-contiguous directories (0.0%)
             # of inodes with ind/dind/tind blocks: 0/0/0
             Extent depth histogram: 3
      242382 blocks used (2.31%, out of 10485760)
           0 bad blocks
           1 large file

           0 regular files
           2 directories
           0 character device files
           0 block device files
           0 fifos
           0 links
           0 symbolic links (0 fast symbolic links)
           0 sockets
------------
           2 files

前述が実行結果です。

時間は長く掛かりましたが、以前頻繁にエラーを吐き出していたパーティション位置に対して非破壊型の読み書きテストだとのことです。

このパーティションは、mkfs.ext4 で1度ファイルを生成したのですが、気になるメッセージが最終行にあって、再び mkfs.ext4 で書き直した直後に、前述の fsck を実行しています。

途中に『system: ファイルシステムは変更されました 』の文脈がありますが、不良箇所があって一部が変更されたということでしょうか。初めての実行なので詳細が分かりません。

次にパーティションをファイルに生成した時の1度目と、気になって再実行した2度目のメッセージについて次に示します。

$ sudo mkfs.ext4 -L system /dev/sdb2
mke2fs 1.44.1 (24-Mar-2018)
Creating filesystem with 10485760 4k blocks and 2621440 inodes
Filesystem UUID: 3cf7fb03-0d7d-491b-8d6b-8265e2798161
Superblock backups stored on blocks: 
        32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208, 
        4096000, 7962624

Allocating group tables: done                            
Writing inode tables: done                            
Creating journal (65536 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information:        
Warning, had trouble writing out superblocks.
$ sudo mkfs.ext4 -L system /dev/sdb2
mke2fs 1.44.1 (24-Mar-2018)
Creating filesystem with 10485760 4k blocks and 2621440 inodes
Filesystem UUID: 789bf9e8-5e1d-4dbc-ae81-a8d25a02529b
Superblock backups stored on blocks: 
        32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208, 
        4096000, 7962624

Allocating group tables: done                            
Writing inode tables: done                            
Creating journal (65536 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done   

元々不良ディスクとして、使わずに置かれていたディスクなので、多少なりとも利用できれば学習も兼ねて儲けものかもしれません。

投稿者:

sunao-mita

早期年金生活を選択した自由人です。 アウトドアが好きで、北海道の広々とした自然が大好きです。 特に山が好きなわけではないけど、何故か人の少ない北海道の山登りには惹かれてしまいます。 そして、日常から離れてのテント生活がとても好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)