ポータブル電源 555Wh

購入したモジュールの備忘録メモ

容量表示が大きくて、価格も安かったので購入しましたが、添付の日本語マニュアルにも所々に変な日本語表記もあって、内容的にも信用して良いのか気になる所です。

表記と価格で決めましたが失敗かな?

大きな問題点

充電用の供給電圧がシビアなようで、製品の入力ポートに表示されている 21-25V を信じて、12V IN / 24V OUT のDC-DCコンバーターを利用して入力ポートに接続するとエラーとなって充電できません。

エラーとなって充電できない

電圧を可変できる装置を用意して試した結果、充電電力が 100W以上になるとエラーとして充電を停止するようです。

これらのことを中心に備忘録メモとしてまとめておくことにします。

付属のAC電源アダプターはなぜ充電できるか

アダプターの定格表示には、21V-4A の表示があり、開放電圧は 21.4V 程度になっているようです。しかし、充電を開始すると電圧降下が起こるようで、18.4〜18.6V辺りの電圧値を示しています。ポータブル電源の表示では 69W 前後の電力量を示す数値で揺れています。

18.6V70W
18.7V75W
18.8V80W
19.0V87W
19.1V90W
エラーにならない電圧値

電圧値を微調整できるアダプターを利用して、エラーにならない最大の効率で充電できるのが理想だろうと思います。

多少の誤差や揺れが起こると考えて 95W 位で充電できれば最高だろうと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)