ラズパイ1B で共有サーバーの構築 (2/)

  1. 秘密鍵、公開鍵ペアの扱いに関して
  2. エディタ vim インストールと、マウス操作が変わったことの対処
  3. piユーザーを既設サーバーと同じユーザー名に置き換える
  4. サーバーとしての利用なので、IPアドレスの固定化

ラズパイ1Bのこれからの作業は、sshによるリモートの作業になります。ホスト名を含めて raspi-config で設定しているので日本語化も行われています。

現在のバージョンを次に記録しておきます。

$ ssh pi@192.168.xx.yy
pi@192.168.xx.yy's password: 
Linux rpi1-com2 4.9.59+ #1047 Sun Oct 29 11:47:10 GMT 2017 armv6l

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Last login: Thu Nov  9 23:43:13 2017 from 192.168.xx.zz
pi@rpi1-com2:~ $ date
2017年 11月 10日 金曜日 15:02:59 JST
pi@rpi1-com2:~ $ uname -a
Linux rpi1-com2 4.9.59+ #1047 Sun Oct 29 11:47:10 GMT 2017 armv6l GNU/Linux
pi@rpi1-com2:~ $ 

鍵認証に関しては、ログイン先となるサーバーのログインユーザーの /home/<user> ディレクトリ内に .ssh デイレクトリを作成して、ログイン元となる操作側PCの秘密鍵と公開鍵ペア公開鍵authorized_keys ファイルにコピーします。実際の作業的には、普段 sshログインして作業している他のサーバー内に、既に作成されている実績のある authorized_keys ファイルをコピーして利用しています。.sshディレクトリと authorized_keys ファイルの実行権限はそれぞれ 700 と 600 に設定しておきます。

他のサーバーとの間で、cron / rsync 利用の自動転送によるバックアップを行わせるために、セキュリティ上問題だと一部で言われることですが、各サーバー間のrootユーザーでの作業を行わせるために、パスフレーズ無しでお互いに ssh ログインが出来る設定を行います。

他のサーバーの秘密鍵をコピーしても利用できますが、ラズパイ の root で操作して、鍵ペアを次のような操作で生成させます。

$ sudo su -
# ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/root/.ssh/id_rsa): 
Created directory '/root/.ssh'.
Enter passphrase (empty for no passphrase): 
Enter same passphrase again: 
Your identification has been saved in /root/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /root/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
SHA256:t8RpcOYT6......42uv5updog root@rpi1-com2
The key's randomart image is:
+---[RSA 2048]----+
| . ...           |
|o .   . .        |

|   o + ..+o      |
+----[SHA256]-----+
# ls -al .ssh
合計 16
drwx------ 2 root root 4096 11月 10 20:25 .
drwx------ 3 root root 4096 11月 10 20:25 ..
-rw------- 1 root root 1675 11月 10 20:25 id_rsa         … 秘密鍵
-rw-r--r-- 1 root root  396 11月 10 20:25 id_rsa.pub     … 公開鍵

ここで生成された鍵ペアは、このラズパイ1Bの rootユーザーから、他のサーバーに sshでログインする場合に、相手サーバー側でログインするユーザー(機械的に自動接続するなら root) に、ここで生成されている公開鍵を .ssh/authorized_keys ファイルに追加でコピーします。

後は同様に、他のサーバーへのログインや、他のサーバーからのログインに対応するように、お互いの公開鍵をサーバー間で、 .ssh/authorized_keys ファイルにコピーしておきます。

セキュリティが甘くなるとの意見もありますが、他から sshログインして利用している実績のあるサーバーが既に存在して稼働しているなら、そのサーバー内にある .ssh/authorized_keys ファイルを丸ごとコピーして入れ込むのも手っ取り早いと思われます。

ある程度リモートログインに実績が出来て、問題が無いようならセキュリティ向上のため、鍵認証だけの設定にして、パスワード認証によるチャレンジを出来ないように変更しておきます。インターネット上に晒すと想像できないくらいの数のパスワードで、絶え間ないチャレンジをされることになります。


操作性が悪いので常用するエディタの機能性を上げるために、vim エディタのフルセットをインストールします。

$ sudo apt install vim

シンタックスのカラーリングを有効にしておきます。
26行1桁目のコメント を取り除きます。

$ sudo vi /etc/vim/vimrc
......  ......
" Vim5 and later versions support syntax highlighting. Uncommenting the next
" line enables syntax highlighting by default.
syntax on

" If using a dark background within the editing area and syntax highlighting
" turn on this option as well
....  ....

ここまでの色々な編集作業で気になっていたのが、昔はエディタの vi で切り貼り編集をしている時に、マウス多用で普通に操作して楽に編集していたのですが、いつの頃からかマウスでの範囲選択やホイールボタンを押下しての貼付けを期待しているのに、 — ビジュアル — と下部に表示されて、期待していた操作が妨害されてしまいます。

vi の操作中に、仮想端末で表示されている文字列をコピーして貼り付ければ簡単に済む操作なのに、一文字づつ打鍵するわけにも行かず調べてみました。 既に vi エディタを操作中なら、コロン(:) の後にコマンド set mouse-=a を入力で無効に出来るらしいとのこと、この呪文の意味はわかりませんがとても助かりました。

vim エディタの通常利用で常にマウス操作のビジュアル移行を回避するには、操作するユーザーの ~/.vimrc を新規作成し、前述の呪文を記述して対応できるようです。

$ sudo vi ~/.vimrc
set mouse-=a
~
$ vi ~/.vimrc
set mouse-=a
~

Raspbian は、操作を全て pi ユーザーの UID : 1000 に統一して、構成されています。色々なディストリビューションが一般的に最初のユーザー登録で、UID : 1000 から登録されますので、例えば既に稼働しているサーバーは sunao ユーザーを UID : 1000 に登録して運用しています。

何が問題かというと、大量に管理しているデータを、各サーバー間で自動転送して、バックアップしながら管理している事を考えたとき、 rsync で単純にコピーすると各ファイルのオーナーは UID の番号で管理されているので、同じ UID なのにサーバーが変わるとファイルの所有者名が異なって扱われてしまう事になります。

ネット共有ディスク samba の扱いでも同様に、ファイル所有者 UID の扱いが問題として発生します。そこで、新規にサーバーを構築している初期の段階で、ユーザーファイルを vipwコマンドで編集を行い pi ユーザー名の箇所を sunao ユーザー名に変更します。

sunaoユーザーの追加に伴い、/home/sunao ディレクトリが必要になるので、/home/pi からコピーして創生しておきます。

変更が必要なコマンドは、vipw / vipw -s / vigr / vigr -s で修正しますが、必要に応じて適宜文字列置換で :pi から :sunao への変更も行います。その後適切に /home/pi 及び /home/sunao 以下のオーナーとグループの変更が必要です。

 sunao – uid:1000 / sunao – gid:1000
 pi – uid:1001 / pi – gid:1001

と変更してみました。


サーバーとして利用するので IPアドレスが変化すると色々と困ることが起こるので、固定アドレスに移行します。

昔は Debianの一般的な作法を参考にして、別な方法で設定していたような気がしますが、次のように定義を追加すると出来るようです。なお、DNSサーバーの指定は ipv4 / ipv6 のアドレスも含めて出来るみたいです。いつもお世話になっている Google検索のネット情報です。

$ sudo vi /etc/dhcpcd.conf
         ...最後尾に追加します
interface eth0
static ip_address=192.168.xx.yy/24
static routers=192.168.xx.1
static domain_name_servers=192.168.xx.22 2400::::225::fe00:9df0

そして再立ち上げ後に IPアドレスが変更されます。

投稿者:

sunao-mita

早期年金生活を選択した自由人です。 アウトドアが好きで、北海道の広々とした自然が大好きです。 特に山が好きなわけではないけど、何故か人の少ない北海道の山登りには惹かれてしまいます。 そして、日常から離れてのテント生活がとても好きです。