新旧のGPSロガー

昨日は、新しいGPSロガーの動作検証も含め信州の霧ヶ峰に行ってきました。

これから北海道に行く予定ですが、いつどこに居たのか頭の記憶では宛にならないし、後での整理にも時間が取られます。
しかしGPSロガーが有り勝手に記録してくれれば、GPS機能の無いカメラの写真でも時間の付き合わせで撮影場所が特定され、整理に掛かる時間が少なくなります。
また、写真自体にも位置や高さの情報を入れ込めば、後での管理が楽になるような気がしてます。そんな場面が訪れるかは不明ですが…
ロガーの管理用ソフトは、世間で一般的なWindowsで処理出来ます。旧品は古いXPで動作しますが、新品は逆にマイクロソフトがサポートを打ち切ったため、XPにはセットアップ出来ません。(.NETモジュールが無い)

私が普段使いのPCは、かなり古い製品で元がXPで、入れ替えてLinuxで利用していますが、アプリとして仮想のWindowsXPが動作するようになっていて、旧品のロガーはそこからデータを収集していました。

新品のロガーはセットアップ出来ないので、別に用意したWindows10に導入して、そちらからUSBメモリを仲介してデータを収集しないと現状では無理のようです。
多少枯れた製品でないとLinuxはフルサポートされてなく、無線LANやらBluetoothが動作しないのが辛いですね。