ブラック企業?

令和元年に流れで勤めてしまった仕事

今は平日の昼間に仕事に通ってます。かなり昔、福島の原子力発電所が東日本大震災でダメージを受けた頃に、長く勤めた会社グループを早期退職。その直後は失業保険で生活してから、目に付いた数社の派遣会社に登録したのです。

そのころから短期の紹介メール等は受取ってましたが、一度も仕事をしないまま忘れてしまった派遣会社も数多くありました。その様な派遣会社から時々電話があり、仕事を紹介される事があります。

数ある登録派遣会社の1つから紹介され

そんな紹介の物件ですから、引受手のいないような内容や条件の物です、皆に避けられる仕事内容だろうとの予想はします。内容的に自分にできる内容なら暇な時間もあるので、受けても良いかなとの思いもあって勧誘に負けました。

面接を受け、お試しで仕事を始め

今の仕事はその様な経緯で、長続きする人は少ないだろうと思うキツイ内容ですが、もう4ヶ月続いてます。

私も色々な所に通ってみましたが、家に近く社会保険にも加入で、今までの仕事と比べると時給1,150円と高時給な条件です。それと経験のない未知の仕事に触れてみたい思いもあって工場見学となったのでした。

お試し的に通い始めて、これは長期的には無理だなと思ったのですが、営業に断るタイミングを逸している間に新しい延長の契約書が家に送られてきてしまいました。

それでも無理だと判断して断っても良かったのですが、新しい契約書に書かれている期日の3月末までは続けてみようかと思い直して現在に至ってます。

どのような会社かと言うと

この会社の仕事内容は、大きな物から小さな物まで各種のポンプを分解してパーツに分けて洗浄し、不良品を選別廃棄して、再生品や新品のパーツを組合せて、再組立し製品として戻して出荷する作業をしているようです。

どのような所で使用されているポンプなのかの詳細は知りませんが、国内のシェアは高いらしいです。利用先はトンネルや池、沼、湖、海辺とかなのでしょうか、色々な付着物があり磯の香りがするものもあります。

担当している仕事は

私が担当しているのは、分解されたパーツを洗浄や研磨して再生品のパーツとして戻す仕事です。

洗浄では、泥やカルキが固まって厚く付着したり、錆びていたりする物を空気圧で太いピアノ線を打出すタガネや、細い金属ワイヤーを高速で回転させて削り取るバフ、1ミリ程の小さな鉄と研磨材を混ぜた砂状の物を高速で打ち付けてショット洗浄する機械があって、状況でそれらを組合せて実施します。

担当している仕事上の危険性

削れた物が飛び散ったり、バフの細い金属線が折れたり抜けたりして刺さる危険があるので、作業では支給されているメガネの着用が指示されています。

回転するバフの金属線の抑えが不適格であったり、集中力を切らせた時に持っている機器が弾かれて身体に触れ怪我をすることもあります。

折れたり抜けたりした細い金属片は、色々な場所に刺さったり付着したりしています。靴底にも多数の金属片が刺さり、突き抜けて足に刺さって知らない間に出血していることも日常茶飯事です。

短期間に自分にも起きた怪我

バフで研磨している時に集中力を切らし、飛ばされ回転した金属線が右手首に触れ、布製の手袋の手首付近がズタズタになって皮膚も擦っていたことがありました。これも労災の1つだと思いますが、自分の不注意なので大袈裟にしないで静かに直しました。

この程度の軽微な怪我なら時々起きていますので、危険な仕事内容だろうと思います。

目にゴミが入ったような違和感

そんな中で、仕事の終了頃に左眼に異物が入ったようで、瞬きするとゴソゴソした感じで違和感がありました。目にゴミが入る程度は日常的に普通にある事なので、原因を特定できないままその日は寝ました。

当然と言えば当然ですが、自分で鏡に向かって見ても分からないし、妻に言っても老眼の目で近くの小さな物を見付けることなどできません。

翌朝になっても左眼の違和感が続いてましたが、その状況についてライン長に話をして眼科に行く決心をしました。しかし、行こうとした眼科がその日は定休日のようで持越しになりました。

違和感を感じた日から1日置いた3日目に、仕事を早退して眼科の診察を受けると、何かが目に付いているとの初期診断です。

単にゴミが入って取れなかった訳ではなかった

麻酔をして除去手術が必要との説明がされました。

それなりに除去手術には費用も掛かるようなので、状況を派遣会社の営業に電話するとハッキリしない返答を返されました。そうは言っても眼に刺さったままなのがわかっていて、何もしない選択肢はありません。

今までに労災になるような危険な場所や仕事の経験はなく、営業と眼科の担当者と電話で話してもらい除去手術を受けました。

除去手術内容は

時間を掛けながら、3度麻酔薬を点眼して刺さっていた金属片の除去です。説明では錆びていた金属が刺さっていたとの説明でした。もう少し奥まで刺さっていたら失明もあったとも言われました。

その日は、請求額の全額分の持ち合わせは無く、五千円だけを払って隣の薬局で除去して開いた穴を修復するような物だと思われますが、目薬を出してもらい帰宅しました。

派遣会社営業に対しての不信感

翌日になって派遣会社の営業に電話して、直接会って現場を確認してもらいましたが、発生日や場所の特定ができないから労災の申請はできないとか、申請しても受け付けられないと拒まれてしまいました。

同じ派遣会社からその会社で長く仕事している人が言うには、最近小さいものから大きなものまで多数の労災認定が出されていて目を付けられているので、自分達の首を絞める事になるから出せないのだとか世間話的に説明されました。

失明しちゃっていれば、放置はできないでしょうから仕方無く労災になっていたでしょう。(運良く?/運悪く?)紙一重で失明一歩手前だったので自己負担で怪我を直すことになったようです。

世間の評判は良いけど、ラ◯◯タッドってブラック企業?

ポンプのサ◯エー工業、派遣会社ラ◯◯タッドってブラック企業だったんですね、世間の評判は良いのですが、実態は違っていたと言うことなのでしょうね。

大げさや誇張でもなく事実を並べているだけなので、別に名前を隠す必要も無いとは思いますが、でもグーグルやヤフーの検索でブラックを検索キーにすると一対一で会社名が出るようになるのも少し可哀想かなと思い、一応名前の一部を伏せ字にしておきます。

失明していれば労災認定されていたのでしょうか、運悪く失明までは至らなかったので自己負担3割の社会保険での処置になったのでしょうね。納得できないまま後日保険証を持って精算に行ってきました。

失明した方が良かったのか、失明しなくて良かったのか心境としては複雑ですね。ただ、短い残りの人生なので、失明して北海道の大自然で極楽の様な景色を見る趣味が絶たれなかったことを良しとしましょう。

それではいつ辞めることにするのか

この会社には、年配の人も多くて、派遣社員でも6年を越える人も多数いて、多分良い会社の1つなのだろうと思います。接してくれる人達の大半は親切で良い人達です。ただ私には先の人生の目標があって、長く伸ばしても勤めるのは夏までなのですが、今回の事もあって早めに辞めようと決意しました。

お金は多くても困らないですが、足りなくて困っているわけでもないので、もっと早く辞めても良いのですが、今の契約書の期日までは通うつもりでいます。

他に辞めたい理由

ついでに書き留めます。食堂には『ハラスメントは許しません…』的な内容が貼られてますが、多分私はイジメにあってます。本人がイジメられていると思っていなくて怒鳴りつけてしまいそうで恐いです。

志村けんの変なオジサンを思い出してしまう雰囲気の人がいて、私が作業している近くで視界の中にいます。その人の仮名を田町さんとしておきます。歳は本人が1だと答えました。考えられるのは、41/51/61/71/81 私より年上の 71 かとも思えるのですが、実際はよくわかりません。

それと別の派遣会社から来ている50代前半の血気盛んな人、仮名を石池さんとしておきます。この人は悪い人とは思えないのですが、田町さんのスピーカーとして難癖をつけてくることがあります。

田町さんと石池さんはとても仲が良くて、お互いに仕事が足りてないのか、サボるように時々つるんでます。情報交換も必要なので、それも別に悪い事ではありません。

直接言えずに言わせているようです

田町さんは直接私と目を合わすことはなくて、すれ違う時も目をそらしていて、ボソボソと呟きます。そして言い掛かりを付けたい時には石池さんを使って言い掛かりを付けてくるので、言ってる本人は内容をちゃんと理解していないらしく辻褄の合わない事を言ってきます。

先日も、いつも見ているけど仕事が遅いとか、研磨材が周りに散らばっていて滑るから時間の空いたときには掃除しろとか言い掛かりを言われました。私は仕事が多すぎて対応できていないのですが、ストーブの前で動かずにずっと他人を観察できるような時間が余っているなら手伝って掃除して欲しいです。

ほんとに暇そうでセレブに仕事

田町さんは、仕事が無くて暇らしく、休み時間や昼の休憩時間前には、必ずではないですがほとんど毎回のように、5分前や30分前位になるとエアガンで自分のホコリ落としを念入りに始めます。追われるように仕事している私には、時間を気にしていられる余裕があって羨ましい限りです。

仕事が足りないらしく他人を観察していられる

私はいくつもの作業を同時に効率よく行えとライン長から言われていて、平行して2人で行うような作業を1人でこなしているので、他人を観察する余裕等ありませんが、他人を観察していられるほどのセレブな仕事ぶりで、羨ましいかぎりです。

食堂で出された物に、自分の髪の毛を載せてクレームを言うのと同様な行為で言い掛かりを付けられたりしているようです。昭和のホームドラマで姑と小姑のイジメのような光景です。

私が心配することではないですが

作業が危険で仕事がキツくて、近くには姑と小姑のような人達からのイジメのように突かれたら長くは留まれないだろうと思います。まっ私が案ずる事では無いですけど。

会社を少しフォローしておきます

バレンタインデーには社員も派遣も分けずお菓子を集めた紙袋が渡されたり、くじ引きでビールや小物を配ったりと良い会社です。

夏を待たず3月で辞めるのは

派遣会社の営業に対する不信感が最大の要因ですが、仕事の嫌いな田町さんを近くで見ているのも腹立たしい気になりますし、仕事内容も危険で怪我をしても自分持ち、最近になってリスクに見合う時給でないと思える様になりました。

残りの日数はストレス解消しながら休み休みかな

何れにしても失明のリスクを孕んだ危険な仕事環境なので、仕事の数を減らしたいのが気持ちです。残り少ない人生、片目では景色も半減、マニアルの確認も支障がありそうに思えます。

最後に一言

このブログに訪れた人に一言です。感じ方には個人差があります。田町さんと石池さんの事はあくまで私が感じた事で、あちらから見たら私の方が変なオジサンと見えているのかも知れません。

物事は見る角度で見え方が違って見えたりするので、難しいですね。話半分で見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)