下仁田のジオパーク

厄介な新型コロナですね

新型コロナが蔓延している年に動きづらいのもありますが、北海道から帰宅してからの外出は、谷川岳、青木ヶ原樹海、程度しかありません。

例年ですと12月は、2日と3日に秩父の祭に行くのが恒例でしたが、神事は粛々と行われるものの笠鉾や屋台は無く、最短経路で番場通りを通過すると聞きました。花火は行われたようですが、行きませんでした。

初冬の恒例行事的に毎年見ていた祭に行かないと、何か抜け落ちたような空虚な気分になります。

気になっていた下仁田ジオパーク

そんな訳で、近くに居ながら足を運んでいなかった下仁田のジオパーク展示施設に行ってみようと思い立ちました。

旧小学校の校舎にパンフレットや周辺の石が展示されていて、2階には有料で色々な説明資料が置かれていたようですが、そこは見ていません。

旧校舎外には大きな字で、ネギとこんにゃくジオパーク? 的なキャッチフレーズが貼られていました。

子供の頃からの生活空間

今は公園になっているらしい青岩周辺は、昔小学生だった頃の遠足で訪れました。周囲の色合いだとかをおぼろげながら記憶しています。そして下仁田のキーワードで連想するのがその風景です。

生活空間の一部を再認識

北海道十勝の鹿追ジオパーク職員の大西さんとの話に出た下仁田ですが、近くで日常的に生活している空間の一部なので、自然に知っている部分もあり改めて深く知ろうとしていませんでした。

有名な中央構造線て身近な存在

昔の理科か社会か忘れましたが、中央構造線やフォッサマグナを知りました。航空写真で見ると良く分かる壮大な筋状の変化が見て取れます。その中央構造線の東の延長が下仁田町を通っている意識はありませんでした。

当然と言えば当然だなと感じますが、荒船山や妙義山、群馬県から長野県へは峠を登り上げるように繋がっている地形の構造、無意識に触れていた自然も良く考えれば不思議な造形美を感じます。

身近な自然に秘められた神秘

今は少し離れて藤岡市に移りましたが、生まれてから40年近く生活していた富岡市は、私が産まれる更に前の、富岡市になる前は南牧村や下仁田町と同じ甘楽郡でした。

高崎駅からローカル線の上信電鉄で富岡駅、終点の下仁田駅と続きます。小さい頃は鏑川で泳いだり、手でも崩れる崖を崩すと化石があったり、上流の大きな石や岩の流れの中で遊んだりしました。

妙義山も身近で、中学生の頃は自転車で遊びに行くような遊び場の1つでした。当時は富岡製糸場も遊び場の1つで、ユネスコの世界遺産に登録されるような場所とは思いもしませんでした。

過疎地にある老舗のお菓子屋

下仁田に足が向いたのは、ジオパークの件は勿論ですが、南牧村にある老舗のお菓子屋に寄ってみようと思ったのが、もう1つの理由です。

創業は明治と古いお店

そこは南牧村磐戸の信濃屋嘉助と言うお菓子屋で、義母が時々口にしていて、ここの草餅が食べたいと色々な場面で言っていました。その時は今も操業しているのか疑問でしたが、検索すると健在のようでした。

お店の所在地はジオパーク隣接

下仁田ジオパークに近く、その範囲と思われる距離内に位置するお店です。店の外のディスプレイには草餅と団子をアピールしてました。

車を停めるには、向いに狭い屋根付き車庫が駐車場になってましたが、店に寄せ路上に置く人が大半のようです。通りの道路は狭いものの通行量も少ないため、短時間の買物では問題なさそうです。

地域に溶け込むためか色々な製品

ここでしか買えない『炭のまんじゅう』が有名のようですが、それは買わずに『しろつばらくがん』を買ってみました。味噌味の白餡が入った落雁で、形も食感も違いますが、群馬のソールフード焼きまんじゅうを頭に浮べる独特の香りがあって、これはなかなか旨かったです。

最近になってブレイクしたらしい

今も操業している?なんて失礼な事を思ってましたが、ホームページを新たに立ち上げているようで、shinanoyakasuke.com では、内容を覗いて見ると、うどんや赤飯等も作ったりして精力的に活動しているようです。失礼しました。

ブランデーケーキも逸品らしい

それと、義母も口にしていたブランデーケーキも一緒に買ってきました。まだ、食べていないので外から見ただけの話ですが、妻が重くてズッシリした手応えを感じると話してます。価格は1,400円でした。

住んでいる藤岡市近辺でこんなケーキを購入したら、この値段では手に入らないと妻が申しておりました。

私も洋菓子のシェリエで半年とちょっとバイトしたことがあり、バームクーヘンを含む色々な菓子を焼いたり、加工の経験もあります。どんなのか食べるのが楽しみです。

次はカメラを持ってじっくり観光

今回は、下仁田ジオパークの観光もざっと下見をした程度なので、じっくり時間を掛けて歩きたいと思っています。その時にはまた信濃屋嘉助で、別なお菓子を買って帰りたいと思っています。

北海道から帰りました

10月8日の夕方 17:00 に、小樽から新潟行のフェリーに乗って、9日の朝9:15に新潟港に着き、一般道を走行して、16:10 には群馬県藤岡市の自宅に着きましたので、走行時間は約7時間でした。

いつもながら色々なトラブルは起きていますが、帰るフェリーに乗る前日に羊蹄山に登ったのですが、その時の写真と前日の洞爺湖周辺を見学した写真が残せませんでした。

記録媒体のmicroSDのファイルシステムが論理的に壊れていたらしく、ボリュームやファイルとして形になっての書込みができなかったらしく、一般的な消去や初期化されたファイルを救い出すソフトをネットで調べ、一応ダウンロードして試してみましたが、ファイルの形になっていないものは当然ですが救えないですよね。

そんな事で道内最後の日や、前日の日の時間を取られてしまい、無い写真を言葉で表現して少し補うにも手が回らないで、整理できていません。

色々なことが起こるもので、使っているスマホも古くなり既に修理対象外の機種になりますが、充電用にUSBケーブルを接続していても、バッテリー残量がみるみる減っていき 0%表示になってシステムダウンしてしまいます。その後に時間が経って確認しても増えない状況です。

そんな状況でもだましだまし使っていましたが、ついに 0% から残量が増えないで、リブートを繰り返す状況になりました。スマホが全てそうなのかは不明ですが、一般的なパソコンのように電源を落としてバッテリーに充電する様な動作にはできないようで、システムとして稼働できる状況になる前に再起動してしまいます。

北海道にいる期間に、こんな状況にならなかったことを喜びたいと思います。道内にいる頃にも、グーグルナビで移動中にバッテリー残量が 0% になってダウンする事もあり、その兆候は見られたものの何とかリカバリーできていました。

gotoキャンペーンで、帰りのフェリーについては、減額された金額で精算してくれましたが、行きのフェリーでは、利用した証明をメールで問題のスマホに送ってきています。これにも申請期限はあるのでしょうね、どのような書類を取り揃えるのかも含めて調べないといけません。

今の状況では、電話の送受もメールの送受もまともにできないので、スマホの機種変更をしなければならず、店舗の場所や開店時間、連絡先をネットで調べると一般的な商店の開始時間や蕎麦屋の開店時間みたく遅くて、24H対応のネット店舗で機種変更することにしました。

落ち着くまでにまだまだ時間がかかりそうです。

いつものキャンプ場に来たものの

昨年ニアミスしてしまった愛山渓温泉から入るコースで、大雪山旭岳が近くにそびえ立ち、沼ノ平から紅葉の裾合平を見下す尾根を登りながら回るコースを目指して道内入りしました。

今年は想像もしていなかった新型コロナウイルスの影響もあり、無料で長期に渡り夢を見させて頂いていたキャンプ場が有料に変わりました。

長期間滞在しての北海道の山歩きも、今年が潮時かなとの思いもあります。理由は色々ありますが、歳を取って面倒になった事、キャンプ場が有料になって面倒くさく感じるようになったこと、あちこちが混んでいて車中泊も面倒に感じ出した事、色々とあります。

キャンプ場の有料化も、1泊300円で、シーズン券は9000円です。30日以上の利用で元なので、シーズン券を購入して、例年のようにベースにして、移動を考えてましたが、思わぬ障壁にヒグマが立ちはだかりました。

近くにヒグマが出ていて、何度も目撃されているらしく、少し離れた散歩コースの森の湯へも歩かずに車で行くように案内しているのだとか、キャンプ場も場合に依っては閉鎖になる事もありえるのだそうです。

その場合には、シーズン券はそれまでとなってしまうようで、返金は無く無駄になってしまう。仕方無く3泊分の900円だけ支払いました。延長は簡単ですが、数日は天気悪くてソーラーパネルも開けません。

明日で3泊になりますが、テントも立てていませんし、暫くは道の駅での車中泊で過ごし、日帰りピストン登山を楽しむ方向に、考えを方向転換しようかと思ってます。

ヒグマの出没も大きな想定外の変化の1つでした。

ツマグロヒョウモン

新型コロナウイルスの影響で外出が減っていますので、写真を撮る機会がありません。

暫く前になるのですが、庭にヒョウモンチョウが飛んでいるのを見かけました。特に意識して見ていたわけではなく、珍しいな、程度の感じで見ていました。

4月28日に飛んでいたツマグロヒョウモン

暫くして妻が、この幼虫ってアゲハチョウの幼虫?と呼びに来ました。真っ黒の中心に1本赤い筋が入った毛虫くんが、ビオラに沢山寄り集まって食べていました。

芋虫くん、毛虫くんの類いが苦手なので、ちょっと気持ち悪いと思いながらも観察してネットから情報を集めました。

妻が見ていた情報には、アゲハチョウの幼虫と書いている人がいましたが、実際にはツマグロヒョウモンの幼虫のようです。

そう言えばビオラの花の周りを飛んでいたヒョウモンチョウがいた記憶があります。

その頃、季節外れに残って咲いていたビオラに卵を産み付けていたのですね。20匹位の数の幼虫が盛んに食べていました。

個体差もあって、何日も掛けて1匹ずつ移動しながらサナギに変化していきました。頭を下にぶら下がり脱皮してサナギになっているようです。

毛虫で頭を下にぶら下がり、翌日になって見るとサナギの状態でした。

1匹だけ残った幼虫が、まだビオラを食べているのに、先にサナギになったものは今日初めて羽化していました。多分1番目だろうと思われます。

翅を合わせて畳んでいるため、裏側の模様しか見えないのでオスメスは分かりませんでしたが、近付いたら逃げたのでその時に模様からオスだと分かりました。

7月1日に羽化した1番目のツマグロヒョウモン

サナギ全ての所在は不明ですが、10ヶ所程度の場所の把握ができているので、今後も羽化したツマグロヒョウモンを見られるだろうと楽しみです。

タラノメのてんぷら

新型コロナウイルスが世界を侵蝕、出歩くのを躊躇して気分が暗くなる 2020-05-05 、日本では昔から子供の日と呼ばれ楽しかった日です。

思いがけなく貴重品

思いがけなく、その日に何と沢山のタラノメを頂戴しました。それは『群馬のじゆうじんさん』でした。

そう言えば朝、近くを通った時に車が無かったので、珍しくお出かけなのかなと頭をよぎりました。世間では3密と叫ばれ人出が少なくなっているので記憶に残ってました。

どこで採ってきたのか分かりませんが、かなりの大量でした。私の家にもお裾分けで大量なのだから、どれだけ採ったのか想像もできません。

苦闘の末に天婦羅

最初を写真に残すの忘れましたが、悪戦苦闘の末に天婦羅になった後の写真は1枚残しました。

左が衣が多、右が衣が薄く小、手前は筍ご飯

貴重な物をもらってしまったものの、さてどのように調理するか、以前は私が購入した温度計付の天婦羅鍋もあったのですが、使わないからと不燃物に出てしまったらしい。

油が飛び散り掃除が大変、自分では天婦羅をしない、私が考えた妻のポリシーからの片付けだろうと思います。

しばらく悩んでタラノメを洗って置いたまま、さて何を道具として利用するか思案です。意を決して普通のステンレス鍋に油を入れて揚げることにしました。

昔は薄力粉を工夫し技術で使ってたのだと思いますが、今は簡単に利用できる配合の天ぷら粉なるものが作られてます。それを探したらまだ少しだけ残ってました。

プロが挙げた天婦羅

プロが揚げる美味しい天婦羅を食べに行けば、油で汚す事も無く嫌な苦労も考えずに、いつでも爽やかな気分に浸れる。

それも分からなくもないですが、ちょっと私のポリシーとは隔たりが大きいようです。

天婦羅の準備から

ガスレンジ周りの油の飛び散りを考えて、不要な物を周りから遠ざけました。

そして、揚げた後に一時的に油を切るために、鍋の上に四角い油切用の金具を載せ代用です。

子供が同居していた頃は、フキノトウ、タラノメ、長ネギ、タマネギ、色々な食材を揚げていました。個人的には長ネギのかき揚げは好きです。

大げさに何年ぶり?

そう考えると妻と二人だけの生活になってから、天婦羅を揚げたことが無いような気がします。ほんとに久し振りな気がします。

今回は貴重な体験をさせて頂きました。

久し振りにブログ拝見

そうそう、3月末まで仕事に通っていた事もあって、自分の事で精一杯で、『群馬のじゆうじん』さんのブログを見てませんでした。ごめんなさい。

色々と拝見して、新型コロナウイルスでゴールデンウィークが、無くなるまでは山歩きの活動をしてたのだと知りました。収束は無理でも早く落着いた状況になる事を願わずには要られませんね。

そう言えば、3月1日のドブ掃除の日に顔を合わせた時に、喘息の話をしてました。色々と医者に掛かって検査とかしていたのですね、ブログを見て改めて知りました。

最近は色々な場所で、『かかりつけ医』との言葉を目にします。私も含めてあまり医者に行かない人もいると思います。

私の場合、風邪やインフルエンザで病院を訪れたことはたぶん20年以上無いと思います。ただ大腸ポリープを取ったり、右顎下腺腫瘍の切除をした事はあります。

その場合、対応するお医者さんは毎回異なったりします。それが『かかりつけ医』ですか、何かちょっと違うような気もします。日頃からかかりつけ医を作っておくことが良いと言われてますが、わざわざ風邪で病院を訪れるように引くのも違うだろうと思います。

せっかくなので…

せっかく作ったタラノメの天婦羅なので、近くにいる義母にこれから届けに行こうと思います。

『群馬のじゆうじん』さん、ごちそうさまでした。

折畳み太陽光パネルを購入

車のバッテリーから利用の危険

アウトドア環境でPC(ノートパソコン)を利用する時に長時間になる場合は、車のバッテリーから電気を供給する事が多いのですが、エンジン停止のままだとバッテリー上がりを起こす危険をはらみます。

太陽光エネルギーでエコへ

そんな理由から、晴れている日中なら太陽光のエネルギーで利用できれば理想と思い折畳みの太陽光パネルを購入しました。

太陽に向ける台を作成

それとアルミの角材を材料として購入し、パネルを立て掛けるためのフレームの台を作成しました。

電気利用ならバッテリー必須

パネルの裏にはコントローラーが付いていて、安定した電力を必要とするなら12Vのバッテリーの接続が必須になる仕様のようです。

太陽光パネルから直接取出し

コントローラーを使用しない場合は、太陽光パネルから電気を直接取り出す事ができ、直にモバイルバッテリーを接続できるようで、接続するお互いの電圧仕様が一致するのか疑問もあります。

車の12Vバッテリーから直接PCを利用するために、PCのAC電源アダプターと同じ出力電圧 19Vに変換するDC-DCコンバータがあります。それを太陽光パネルの出力に直接接続するとかなり不安定な動きで、入力も出力も23V位の電圧値を示し、値がフラフラと変化したままになってます。

太陽エネルギーを大容量充電

別にポータブルバッテリーも購入手配しました。それを充電する入力電圧が、アマゾンの販売ページから写真を見ると21V〜24Vとの仕様になっているようで、12Vから24Vに昇圧するアダプターも手配しました。

エラーで充電できない

しかし、期待していたのですが、エラーとなって充電ができません。電圧値を確認でき、電圧の微調整ができる環境を用意して確認すると電圧値が大き過ぎるようです。

花豆を買って帰りました

シーズン最後のスキー帰りに花豆ゲット

シーズン最後のスキーに、湯の丸スキー場に行きました。帰りに恒例の昼食として小木曽製粉所上田店の蕎麦ですが、通り道の温泉施設 湯楽里館に回りました。

約1年前の記憶にあった建物は果物や野菜の店

久しぶりに地ビールを飲みたくなり、購入を考えて少し回り道して湯楽里館に立寄ったのですが、購入の記憶が残る建物には地ビールがありませんでした。そこは果物や野菜を置く店舗に変更になっていて、ここで目に付いたのが乾燥した紫花豆で、調理したこともなくて迷いましたが購入しました。

重量記載はなく価格と生産者名のみ

特に袋には重さが書かれてなく、ラベルには生産者の名前があり価格は700円と650円でした。品質と価格差に因果関係を見いだせずに、安い650円の物を選んで買いました。帰ってから重さを測ると丁度300gでした。

自分で調理が必要な乾燥している花豆を購入したのは初めてです。金額的に高いのか安いのかも分かりませんし、調理方法も知りません。

思っていた以上に貴重な食材らしい

楽天とかでの販売情報からは、思ってた以上に高価な食材らしく、300g / 650円はかなり安い買い物らしいです。

何気なく食べていたけど、でもどのような物

後から色々知らべてみると正式名称は、ベニバナインゲンで、メキシコの高原原産で、導入当初は観賞用で暖かい地域では、花が咲いても実を付けないらしいです。寒冷な場所として栽培地域が特定されるため、長野県や群馬県の高地で栽培されているようです。

ネットの情報ですが、農家で花豆が売られていた場所には、水で戻すのに4日から7日位必要だと書かれていたらしく、それを検証した内容が説明されていて、その記事では 3日位で重さが頭打ちになると書かれてました。

これらのネット情報を参考にして、水で戻す作業をしています。

自分で吸水の検証、最適は1週間位か

自分でも吸水の検証をしてみたのが、次の記載ですが、4日過ぎても少しずつ増加しているようで、まだ水に浮いていて硬い豆も存在しているので、本当にちゃんとした吸水をさせるなら1週間位が妥当かと思います。

  • 3/14 夕方 300g 吸水開始
  • 3/15 07:00 323g
  • 3/15 19:00 650g
  • 3/16 06:50 702g
  • 3/16 20:45 739g
  • 3/17 06:30 745g
  • 3/17 20:30 761g
  • 3/18 07:20 768g
  • 3/18 21:00 780g
  • 3/19 06:30 787g
  • 3/19 19:00 795g (300g ⇒ 800g 吸水5日)

1週間は待てずに硬めのものを選別

約1日で皮が水を吸い、少しずつ中に浸透していくのでしょうか

吸水を待つのが我慢できずに一部の豆を炊き込んでみました。

炊飯時に花豆を混ぜ炊き込み御飯

炊飯時に混ぜて炊き込む方法は昔からあって、色々な豆で行われているので、水を吸わせても硬めだった豆を選別して、適当な分量を混ぜて炊き込みご飯を作ってみました。

ネットで紫花豆の炊き込みご飯を見掛けない

高い花豆をご飯に炊き込むのは勿体無いから作らないのでしょうか、特に違和感なく美味しくいただけます。

食べた感想は、思っていたより歯応えがあって、一般的な栗ご飯のような感じです。花豆で炊き込みご飯の情報をネットで見掛けませんが、これもありかなと思います。

紫花豆を単体で少し甘く煮込んで、市販のものと比較を楽しんでみようと思います。

オールシーズンタイヤ

もう今シーズンのスキーも終わり

先週金曜日の3/13で、今シーズンのスキーは滑り納めにしました。その2週間前に雪の降った後の地蔵峠を上ったのですが、新たに履き替えたオールシーズンタイヤを試す機会となりました。

雪面も何とか走れそう

雪面に食い付くとはお世辞にも言えませんが、滑りながらもそこそこ登って行きました。

カーブの出口では、アスファルト道路のように勝手に進行方向に車が向くことはなく、滑らせないように慎重にアクセルワークとタイヤの向きを操る必要があります。

スタッドレスより慎重に運転かな

スタッドレスタイヤでも差の大小があるものの似たような動きなので、挙動の癖を理解すれば何の問題も無さそうです。

オールシーズンタイヤは、晩秋の北海道の布石ですが、コロナウイルスがどうなるのだろう、心配ですね。

東御市のワイナリー

湯楽里館がリニューアルしてた

湯の丸でスキーを楽しみ、地ビールが飲みたくなって、東御市の温泉施設の湯楽里館に久し振りに行ってみました。

そう言えば昨年風呂を利用した時に、2階を工事していたような気がします。

施設の配置が変わっていて、2階には東御市のワイナリーを紹介するディスプレイが置かれ、有料でワインの試飲ができるコーナーがありました。

話好きな感じのお姉さんが親切です

市内にワイナリーが10箇所程あるらしく、ブドウの栽培をして、他に依頼してワインを製造している農園もあり、それらも合わせると20箇所位になると教えてくれました。

今回は何気なく立寄ったのですが、収穫がありました。

新型肺炎今後はどうなるの?

新型コロナの先が見えません

2020/03 で学校に休校指示を出した新型コロナウイルスですが、北海道では全域で拡散しているようで、東京オリンピックや札幌開催のマラソン等先行きが見えません。

旧型の肺炎球菌ワクチンなら

昨年市役所から通知が来ていて、再通知を受け今年になって肺炎の23種混合ワクチンの接種は受けました。でも効かない菌には意味がありませんね。高齢になって亡くなる原因は、肺炎と癌がほとんどらしいですね。

予定ではオリンピック後の秋

ウラシマツツジの紅葉が見たい

半年先の事ですが、例年のように大雪山系の北側に位置する愛山渓温泉から登り、究極の紅葉の景色を見たいと思っています。

例年は夏から秋にかけて長期に道内で滞在することが多く、昨年は台風で被害の大きかった道路の復旧が遅れると思い込み、夏前に訪れてしまい行けませんでした。

復旧を待ち望んだ愛山渓温泉への道路は、北海道を離れて帰宅した2週間後位に、開通した事をニュースで知りました。知っていれば帰らずに秋まで滞在していた気がします。、

気が付かなかったけど復旧工事だったの?

そう言えば長期滞在していたキャンプ場の横から旭峠を越えて愛山渓温泉の方へ向かう林道にトラックが出入りしてました。これが国道から愛山渓温泉への流された道路の復旧だったのでしょうか。

今年こそ再チャレンジしたいので成り行きが気掛かりです。