色々あってフォーシーズンタイヤ

古くなった脚と言うか、日常の友と言うか、あちこちに連れ出してくれている車ですが、ノーマルタイヤが摩耗して交換必須。
冬になると雪が降っても降らなくてもスタッドレスタイヤに履き換えていました。そして例年通り今シーズンもスタッドレスの状態でした。

予想はあっても動揺するメール

週末の仕事帰りに車の中で、訃報のタイトルが目に付くメールを受けました。本人は動揺したとは思っていませんが、周囲に対する注意が散漫になったのかもしれません。

注意が散漫になったのか、やってしまった

過去に一度だけ対向の自転車を避けるようにして、左折で左後輪を縁石に接触したことがあって、その時に凄く大きな音がして、注意して大回りしないと危険だと認識していました。
にもかかわらず同じ箇所で、同じ様に再び左折で縁石の上を通ってしまったようです。

前回と同様に暗い夜道で、畑と道の境目も認識できないような場所です。後で近くから確認して認識したのですが、低くて見え難いコンクリートの角が尖ったものでした。
年を取ると若い頃にはまず考えられない様な、単純なミスが色々な場面で増えてくるのを感じます。高齢者の運転による重大事故もこの延長線上にあるのだと頷ける気がします。

まさかのタイヤがパンク

1度目は特に被害は無かったようなのですが、2度目はタイヤがパンクしていてぺちゃんこです。訃報メールを受けても焼香に出向く事もできませんでした。

パンクはなかなか遭遇しないことの1つです。車では私が過去からの乗り継いだ歴史の中で、道路の陥没に気づかずに落ちてパンクしたのが1度記憶に残っているだけで、多分2度目だろうと思います。

さてどのように対処しようか

そんな経緯もあって、一部で話題になっているフォーシーズンタイヤを検討することにしました。
スタッドレスと比較すると氷上性能が劣るとか、雪上でも少し劣ると言われているようですが、ヨーロッパでは普及しているらしく、1つのスタッドレスでも新品と古くなってからでは性能が異なるので、過信しなければ特に問題無い様に思われます。

悩んだ末、丁度良いタイミングと判断

夏の終にノーマルタイヤで北海道に長期滞在して、秋の紅葉から季節の遷り変わりを楽しんでいて、降雪時期に近付くと潜在的な意識としてタイヤが気になってきます。

その様な中で、例年は夏からスタッドレスで訪れるのが良いのかと悩んでいました。解決策としてのフォーシーズンタイヤの選択は最高のチョイスかと思われます。

ネットで確認するとサイズあり

タイヤ市場では、フォーシーズンタイヤのメーカーを選択することもでき、推奨の安いタイヤも扱っているので、パンクしたスタッドレスタイヤを装着していたアルミフォイールにフォーシーズンタイヤを組合せて、元々のオリジナルの鉄フォイールとそれに装着されている古いノーマルタイヤも合わせて処分してもらいました。

フォーシーズンズタイヤの使い心地は

年間で履かせっ放しになるので摩耗の進みも速いと思いますが、使ってみないと分からないのでどの様に推移していくのか楽しみです。

平日は、新しく装着したタイヤで仕事場に通っていますが、スキー場にはまだ行けていません。試せるチャンスは近々来るだろうと思っています。

グーグルマップで店舗の評価を追加

その後グーグルマップのタイヤ市場に評価を追加しましたが、店舗で目に止まったらしくて店長名で返信がありました。(2020-02-02)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)