GPSロガー GT-740FL

もう 5年も使用しているGPSロガーがあります。形状はUSBメモリーを少し大きくしたような四角い棒状の物です。

これは当時、安くて位置の記憶ができそうなGPS製品をあちこちで探していて、たまたまネット検索中に秋月電子通商で見付けて購入した物でした。

試行品的な扱い?

当時の製品紹介に書かれていた文句はアマチュアとか自作で遊ぶマニア向けのキット的に受け取れるような内容での説明だったように記憶しています。今でも同様に販売されていて、当時の価格プラスアルファ(税込み4,450円)で表示され売られています。

当時は洒落た物が…と思う

これは充電式で、通常のUSBポートを持ち、パソコンや充電器に接続して充電して利用します。大体は1日程度の稼働ができるようで、色々な場面での軌跡収集に利用しています。

アプリが付属

購入前にどの様に利用できるのか心配したのですが、管理するアプリケーションが添付されていて、Windowsで動作します。購入した当時は、Windows 7 だったように記憶していますが、10 にバージョンアップしても問題無く利用できていました。

付属アプリケーション CanWay

突然収集日時が昔に

そして昨年だったと思いますが、収集したデータの日付がいきなり 1999-xx になってました。

写真に位置情報を後入れ

実はカメラで色々な被写体を写して、日付と時間から突合せて撮影場所を特定する作業を、家に帰ってからまとめて自動で写真に書き込んで整理していました。

日時が合わない問題に直面してうろたえました。何か代替を購入しなければ、とか色々な事が頭の中を駆け回り、ネットを検索中に秋葉原の老舗 小沢電気商会が閉店の記事とかも目にしました。

秋月電子と小沢電気を錯覚…

混乱した頭の中で、冷静になって今考えると秋月電子と小沢電気が一緒になっていたかも知れないです。

誤って古くなる日時をパッチ修正

仕方無く取出した日時をシフトさせて、今の日付に置換する姑息なパッチを作成してその後は応急対処していました。

そして昨日になってネットでパーツを探していて、久し振りに秋月電子のページを目にしました。あれ?店を閉めて通販はしているのか…と、かなり勘違いした思いで調べると店も開いてるらしい。

そして、愛用してパッチまで作成して利用している GT-740FL も売られている事を知りました。また買い直そうと思いながら色々と見ていると、パソコン上のアプリケーションの説明がありました。

1.1.09 バージョンではない

それによるとバージョン表示のような 1.1.09 と 1.1.12 があるようで、自分のパソコンには両方がインストールされていました。そして説明では、バージョンでは無く製品によって使い分ける必要があるらしい、GT-740FL には 1.1.09 が対応しているとの事です。

秋月電子からダウンロードできるアプリケーションは、1.1.09 の後に日付を連ねたファイル名になってました。

最新版に入替え

早速パソコンから古いのをアンインストールして、去年の日付のアプリケーションをインストールし直しました。 何と姑息なパッチ等必要は無く、正しい日時でデータが作成できているではありませんか、ロガー自体に違いは無いようです。

GT-740FL 復活です

これで当分の間、愛用していたGPSロガーは続けて愛用できるようです。そのように考えると安い買い物だったと改めて感じました。

GPSロガー利用の用途

写真の位置情報の追加以外には、ドライブした時の経路、山歩きの経路確認にも重宝してますが、冬に出掛けているスキーでは利用したリフトの利用回数と利用した場所を後から確認するのに便利に使ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)