網走で台風をやり過ごす予定

久し振りに美幌から美幌峠に向かって、眼下に広がる屈斜路湖に出会えました。
峠に向かう空一面に雲が広がっていたので、いつもの霧を想像、よけいに眼下に見える広い湖には感動してしまいました。
和琴半島の小屋の温泉、知床半島の相泊温泉の露天風呂、道の駅摩周の足湯で夜まで旅行者と談義、今朝は再び和琴半島に戻り明方から温泉入浴、一人で楽しんでいると年輩者が入って来て話をしながら長湯、茨城の人でここに59日居るらしい。
話によると駐車場の入口付近に止めている人は、半年住み着いているとの話、その人を見習って滞在していると話してました。
今日はここの道の駅で台風をやり過ごす予定です。

天候悪くて松前に行って来ました

今日の北海道内は大荒れだったようですね。
少しでも晴れ間が見たくて恵山を去って松前まで行って来ました。ガソリンの消費は目をつぶり…、簡単に言うけど往復で300km近く走ったような気がします。
初めて松前城の近くまで寄ってみました。中には入りませんでしたが外からの雰囲気だけで十分でした。

ネットバンキング

たいしてお金があるわけではないのにネットバンキングを利用していますが、今日はトラブルでてんてこまいしてしまいました。
単に入金の確認と残高を知りたかっただけですが、ここ(石狩市浜益区)は無料でネットを利用出来るとの事でネットバンキングのアクセスを試みると、訳の分からない質問をされました。
アクセスした場所がいつもの場所ではないための追加の手順らしく、登録した記憶なんてまったくありませんのでエラーとなりロックされたようです。そしてエラーメールが送られて来ました。
手持ちの電話はPHSで利用出来ないし札幌か滝川、留萌辺りに移動して連絡取ろうか悩みましたが、向いのセイコーマートで電話を借りて0120に電話、状況を確認して再トライし何とか接続出来て、今はほろ酔いで安堵しています。
慣れない事すると疲れます。
『群馬のじゆうじん』さんは無事に復帰できたのでしょうか?
 
 

今は石狩市浜益区川下です

『群馬のじゆうじん』さんとの合流が無事に終わり、彼は歩きの旅に復帰しました。
彼と別れてからここ川下海水浴場では、フリーの無線LANが利用できることを知りました。もっと早く気づけば過ごし方も変わっていたような気もします。
そんな訳で、あまり写していない写真ですがアップしておくことにしました。
電気を造るためにガソリンの消費が多くなり、簡単な編集だけでも大変です。
 

いよいよ出発、荷物確認

藤岡からでも、関越自動車道を利用すれば簡単に新潟なのですが、お金に余裕があるわけでもなく、高速道路は高過ぎだし燃費も悪くなるので、時間を掛けてゆっくり走って向います。
書き出しておいたリストと突き合わせながら荷物の積み込みを始めます。漏れても途中で購入すれば済むのですが、入手に手間取る物や余計な出費に繋がりますので、できるだけ漏れないようにですね。
風呂に入って今日の夜に家を立ちます。

近くに住む「群馬のじゆうじん」さんの出発間近

北海道の稚内から歩いて日本海側を南下して、沖縄まで目指す歩き旅が始まります。
もちろん私のことではありません。私は車やバイクならともかくとして、自転車でも無理ですね。ましてや歩いて長期間の移動なんて想像すら出来ません。
我が家の近くに住む「群馬のじゆうじん」さんです。私とほぼ同年代の方です。
ブログを立ち上げています。歩き始めたら頻繁に更新されると思いますので興味のある方は立ち寄ってあげてください。(予定では 8/18飛行機で稚内に移動かな)
私も日程の制約がない北海道の旅に移動しようと思っています。
頭にある今の予定では、フェリー料金が下がって普通になる 8/25 10:30 新潟発小樽行 を予定しています。確定ではありませんが、たぶんそうなるでしょう。

syslogに残るCRON 認証失敗

何とかセットアップしながらですが、今月からインターネットに公開を始めたPogoPlugで、syslog にCRONの認証失敗が多数記録されています。 この状態だと実行も行われていないようです。

Aug 4 08:58:01 DebianPogo CRON[4789]: 認証失敗
Aug 4 09:00:01 DebianPogo CRON[6354]: 認証失敗
Aug 4 09:03:01 DebianPogo CRON[8696]: 認証失敗
Aug 4 09:08:01 DebianPogo CRON[12609]: 認証失敗

この原因がわからないので、色々と調べました。 /etc/crontab には、実行するユーザーを指定しているので、そのメール環境に原因があるのかと思い、postfixの配送先を見直しましたが、特別な関係は無いようです。

root@DebianPogo:~# nano /etc/aliases
root@DebianPogo:~# newaliases

そこで、実行ユーザーを root に変更して、標準出力やエラー出力の情報を /dev/null に捨てるのを止めると、正常に動作していると思われる結果をメールで受け取ることが出来ました。

There doesn&#039;t seem to be any new mail.<br />Retrieval completed.<br />

syslog を確認するとメールの配送処理が行われているのが記録されていました。
そこで、実行させるユーザーでのログインを試して見ました。すると、syslog に記録されているのと同様に認証失敗の文字列が吐き出されて、ユーザーに対応するシェルが起動しませんでした。

root@DebianPogo:~# su - www-data
su: 認証失敗
(無視)
This account is currently not available.
root@DebianPogo:~# su - nobody
su: 認証失敗
(無視)
ディレクトリがありません。HOME=/ としてログインします
This account is currently not available.
root@DebianPogo:~# su - pogo
pogo:~$ ログアウト

この場合は、ユーザー名の root と pogo だけが認証失敗にならずに実行できるようです。 /etc/crontab で実行させるユーザーを pogo に変更して経過を見ると、この件に関しての認証失敗の記録は無くなりました。
 
 

えっ! 今年って暑さとか異常ですか?

先週は母方の従兄弟が他界して急な連絡に驚きましたが、まさか今週も訃報の連絡を受けるとは思ってもいませんでした。今度は父方の従兄弟で、私より半年ほど先に産まれた早生まれの人です。
最近では、小さかった子供の頃のようなお互いの行き来はありませんでしたので、細かいことはわかりませんが結婚も早くて子供や孫がいるおじいちゃんだったようです。
情報では、白血病を患っていたらしいとのことです。
近い世代の従兄弟の葬儀が、まさか2週続けて起こるなんて想像を絶する出来事です。不幸を待ち望むような気がして真夏の礼服は持ちあわせていません。厚くて重い真冬の礼服のお世話になることが続いてしまうとは思いませんでした。