北海道の写真整理は道半ば

北海道から帰って写真や動画の整理も、まだ道半ばで見通しが立っていません。その編集の中でGPSロガーで収集した移動の軌跡が、グーグルアースで 表示できるkmlファイルとして収集できました。
軌跡が抜けている経路もあちこちにあり、抜けた原因も色々で、また何が原因で抜けているのか不明なこともあります。しかし、せっかくの収集データなので今回の北海道でのメニュー表示内にその軌跡を一括で表示してみようと考えました。
これがけっこう難問題で、意識して分割しているわけではないのですが、GPSロガーが短期間静止するとその時点で勝手に休止して、ファイルが分割してしまうようです。そんな訳で全ファイル数が210ファイルを超えていました。
そのファイルを非力なサーバーで読み出して、遅いネット上を転送するのに長い時間が掛かります。もともと写真を公開しているサーバーの処理では、1日か2日程度を想定していて、データが全て転送されてからマップ上に表示するためのオブジェクトを生成しています。今回の場合は完全に想定外な、とても大きな軌跡データとなりました。
試しにそのままで表示してみると、日本地図が表示されてから変化がなく、他の画面に移動しなければ、完全に忘れた頃に赤い経路が描画されて最終的には表示が行われました。
これを転送途中で逐次描画できないものか、単一の赤ではなく赤系で少しずつ色を変えて、同じ経路を何度も往復していても、地図を拡大した時には色の異なる線で確認できないかと、スクリプトの変更を考えました。
元は自分で作成したオリジナルのスクリプトでも、ドキュメントも無く年月も立っているし、最近の仕事は全く異なる世界で過ごしていて、プログラミングから離れていたので難儀をしました。データファイルを読んだり転送する部分はサーバーサイド側で動作するrubyのスクリプトで記述しています。
処理を繰り返して分割転送すためには1回で完結する記述では実現できないので、cookieで情報を保持する必要があり、rubyでcookieの書き出し方法ではまってしまい悩みました。
よくよく考えてみれば、cookieは個々の端末側で保持する情報なので、サーバーサイドで動作するrubyスクリプトで書き変えることはできないわけです。最終的にはテンポラリファイルに情報を保持して、そのテンポラリファイル名を端末側に渡してcookieで保持して、何度か処理のループで起動されるrubyスクリプト側で、その情報を取出して処理の継続性を確保する方法でまとめてみました。
地図に表示される経路の軌跡が特別に早くなっているわけではありませんが、何の変化もなく長時間待つのに比べれば、少しずつ描画されていくのが見えるので更新は成功したと思います。何人の人が見てくれるかはわかりませんが、自分自身が単に納得できるだけで一応成果があると思っています。
実はグーグルマップ上に経路の軌跡や写真を撮った場所を示すピンをマップ上のオブジェクトとして追加生成するのですが、色々な条件でのタイミングで先に生成したマップが安定する前に、オブジェクトの追加処理が始まってしまうと無視されてしまうようです。ここでも対策に悩みましたが、結局マップの生成から10秒程度の待ちを作ることにしました。
皆さんグーグルマップてすごいと思いませんか、私は公開されているAPIを利用させていただいて、組み込んでいますが、通常の地図や地形図、航空写真の切替やドラッグによる地図の移動、マウスホイールの回転による拡大縮小、地名や住所入力による表示の中心位置の移動、北緯東経の入力による表示の中心位置の移動が出来るようにしています。
そうそうAPIを利用したこんな事も追加しています、地図を適当なズーム値で表示しておき、地図上でマウスをダブルクリックするとドラッグで移動できる大きなピンが表示されます。このピンが指す場所の住所やあるいは道路名、北緯東経などの情報が表示できます。

帰ってからの整理が大変です

あまり走らないようにしようと思いながらも、期間が長かったので、結局は8550kmを走行してしまいました。
長く走っていたので、フロントに付着した虫を落としての洗車に苦労しました。
まだ、車内の清掃まで手が回っていません。
そうそう、群馬のじゆうじんさんの再出発も18日の予定のようです。
 

帰宅しました

秋田で下船して八幡平に回り、曇天の大沼を散策しました。
八幡平では地元の中学生がボランティアガイドをしてました。初々しさがあって好印象を受けました。
駐車場は満杯でした。世間は連休中なのですね。完全に忘れてました。
ご無沙汰していた東北ですが、記憶には細くあちこちで曲がりくねった4号線…、大きく進化していた13号線には、高速国道の区間もあり、一般区間でもけっこう高速走行だったりして驚きました。空白が長かったので浦島太郎になってました。
西日本や九州の方も大きく変わっているのだろうと想像します。まだ道の駅が無かった頃の記憶ですから、余裕が出来たら訪問してみたいですね。
その後、田沢湖では大雨になってました。田沢湖とは相性が悪いらしい。夜の雨の中を走り、道の駅むらかみで力尽き車中泊です。
そのまま内陸を通り、蔵王に寄り道、山形や会津を経由しながら栃木県に、日光が頭によぎり川俣から戦場が原に出ると、いろは坂方面は縦列駐車状態で動きがない。
仕方なく友達の家に行く予定をキャンセルして、反対方向の沼田に向かうが、吹割の滝手前で渋滞に巻き込まれました。
心霊スポットとして有名らしい園原ダムの静かなトンネルを抜け、赤城山を通り抜け、渋滞を避けながら帰宅しました。
長く離れていたので、行楽シーズンの世間の連休をすっかり忘れてました。一極集中の東京を近くに抱える関東エリアを常に意識していないと痛い目にあいますね。
帰ってからの洗濯やら諸々の後片付けが大変です。

北海道から秋田に渡ります

連休明けは寒気が入って、平野部でも積雪が心配されるとの予報が出されているようです。
さすがにノーマルタイヤなので、その前に脱出するのが賢明だろうと判断しました。
今日の夜の便で秋田に渡ります。東北を走るのは、いつが最後か分からないくらい久し振りなので、様子がつかめません。
出来れば八幡平とか走ってみたい気もしますが、あらためて地図を見ると秋田港より北のようですね。
苫小牧のフェリー埠頭に来る前に、名残惜しいニセコを通って来ました。紅葉はパッとしないで黒い雲に覆われた状況でしたが、今年の見納めですね。
多少なりとも東北の紅葉を期待したいです。
 

台風23号

今は、旭川21世紀の森ファミリーゾーンで車中泊しています。
当初の予測通りに、台風が北海道東部に掛かるように通過するようですね。外れを期待していたのですが外れないですね。
昨晩トイレに行った際は、星が綺麗で天の川が見えていました。月が上がったのも美しく見ることが出来ました。
夜中に時々強い風が吹き、車体が揺さぶられましたが、早朝はまだ雨もなく風が強くなった程度でした。朝6時頃から雨と風の影響が出始め激しくなってきました。
あまり深刻に考えてなかったので、そのまま食べられる物を切らしています。これからどうしようか考えないといけないですね。

旭岳に行って来ました

朝起きると、予想通りに晴れ渡った空を見て、旭岳に行こうか悩みました。
朝食を済ませて、少し遅くなったなと思いながら、一応様子見で旭岳ロープウェイ乗場に行きました。
無料駐車場のトイレが使えなかったこともあり、ビジターセンターに寄って話を聞き、情報を教えていただき、台風23号が来るとまた色々な状況が起こる可能性があり登るなら今日しかないと判断しました。
旭岳ロープウェイを片道の登りだけ利用して、歩いて下ることにしました。
このコースは長年の夢で、まだ実行できずにそのままになっていました。
雪解けの水でぐちゃぐちゃなのを想像していました。例えば愛山渓温泉から沼の平を目指すルートの粘土質を想像していましたが、全く異なり、雪解け水は流れていますがさらさらで、ぐちゃぐちゃのイメージは皆無でした。
ちょっと無理すれば、ロープウェイを利用しなくても歩いて登り下りは可能だと思います。
 


 

旭川に戻りました

今年だけで三度目となる旭川21世紀の森です。
すでに私の好きなふれあい広場には人がいなくなったらしく、一応希望をしたのですが、ファミリー側の分割された区画にしてと言われてしまいました。
分割された区画を利用するのは久し振りです。急に寒くなりテントを張るか悩んでいたので、車中泊でも良いかと受け入れました。
ここに来る途中、大雪山系の山頂は白く化粧されているのが見えました。十勝岳や旭岳、永山岳等全体的に均一に頭頂部は白くなっていました。
期待していた紅葉は、今年は無理のようです。紅葉しないで枯れてしまったようです。十勝岳周辺が紅葉だと伝えられていましたが、わざわざ寄ったのに肩透かしでした。
北海道全土が枯れてしまったような気がします。ぱっとしない汚れた緑と枯葉のくすんだ茶色に染まっています。
期待していたのにとても残念です。

アポイ岳

あまりにも不安定な天候が続くので、羊蹄山を去ることにしました。
9月にニュースが伝えていた世界ジオパークにアポイ岳が認定されたとか、その様な記憶があったので、襟裳岬に近い様似町に移動することにしました。
天候次第では登ってみたい気もします。実はちょっとジオパークセンターのような所に寄ってきました。
短時間だったので未消化ですが、地形の生い立ちや動植物の説明とか色々なものが展示されていました。
時間をかけて町の周辺までじっくり見て回らないと、本当の意味で観光にならないと感じました。
 

羊蹄山の近くをうろうろ

羊蹄山に登りたいと思いながら、周辺をうろうろしてましたが、天候が不安定なのでやることもなく時間潰しの毎日でした。
今朝はやっと雲が無くなりましたが、山頂は白くなり今夜から荒れそうとの予想なので、登るのに踏ん切りがつかず諦めました。
京極からのルートでは、頂上付近が足場の悪い岩場なので、中途半端に雪が積もったのを想像すると怖い気がします。同行者がいれば違うのでしょうけどね。
京極の登山口の記入には、9/28に3人が入ってますが、それが最後です。今日は駐車している車が皆無でした。

28日は天候が不安定だったと思いますが、それでも登るなんてガッツがありますね。その登山届けは記入部分が泥で汚れていました。ちょっと生々しいですね。

今の空は全体が薄く曇ってきたようです。今夜から明日は最悪な荒天が予想されていて、どう過ごすか考えないといけないですね。


 

小樽でも歩こうと思ったら雷雨

天気も良くないし時間も有るので、1年ぶりに小樽を少し歩こうかと思い、車を停めて歩き始めたら、良くないどころか悪すぎで、すごい勢いの雨でビショビショになり歩くのは止めました。
小樽が駄目だからといっても、天気悪くてニッカウヰスキー余市蒸留所内を歩いてもつまらないし、かといって柿崎商店でホッケとビールで過ごすのも、昨日の今日なので、ちょっと節約したい気もあり、一応余市の道の駅に寄って少し悩み通り過ぎました。
黒い雲に覆われた羊蹄山の裾野を見ながら、車は京極の道の駅に落ち着きました。
降ったり止んだり、少し青空が出たり日が射したりと、雲の流れが早くて目まぐるしい1日でした。
京極の道の駅は、バスのトイレ休位置になっているのか色々な柄のバスが常時数台停まっていて、次々に入れ代わっています。
どのバスにも日本語での会話はなく、どこかは分かりませんが、日本人以外の人達を乗せてきているようです。
国内は消費税で冷やされ浮上できずに低迷のままなので、きっと景気の下支えに寄与している貴重な人達なのでしょうね。感謝感謝です。
明日ゆっくり見ようと思ってますが、ここは湧き水がある公園として綺麗な場所です。バスから降りた人達が思い思いに写真を撮っています。
日本人の私が見ても、澄んだ美しい水が溢れるように大量に流れ出て、それが沢のようになり川となって流れ、水面から出ている石の部分には美しい緑の苔が生えていて清々しさを感じる景色です。